CustomScript

2016年5月29日日曜日

画像ビューアー 「NeeView」1.11 更新しました

  • WPF
画像ビューアー NeeView を 1.11 に更新しました。
機能追加の更新は遅くなりそうですが、今回のように影響の大きそうなバグは早めに修正していきます。

  • バグ修正
    • スライダーを左>右の設定にしたときのサムネイルの並び不具合修正
  • 7z.dll関連
    • RAR5フォーマット対応
    • v16.02に差し替え


4 件のコメント:

  1. ver.1.11にアップデートいたしました。

    "ax7z.spi"無しでのRar5での動作を確認いたしました。
    素早い対応ありがとうございました。

    さて、NeeView1.10へ隙間機能要望をいたしました後に
    欲しいと感じた機能として、以下のものがあります。

    ・履歴数の制限機能。

    ・しおり
    ・NeeViewの場合、履歴が前回見ていた場所を表示し
    てはくれますが、今見ている場所をメモして別の
    場所を一時的に見たいことも、間々ありますので、
    しおり機能があった方が良い気がしました(自分で
    メモしておけば済む事ではありますが・・・)。

    ・二画面表示モードであっても、「先頭ファイルは常に
    単ページで表示する」機能。
    ・先頭ファイルは表紙なので、この機能があればよい
    気がいたしました。

    以上、何れも、あった方がよい気はするが、無くても何と
    かなるものばかりですが、Nee様の参考にでもなれば幸いです。

    返信削除
    返信
    1. > 履歴数の制限機能
      過去のバージョンでは制限設定がありましたが、利点がほぼなかったため廃止しました。
      もしよろしければ用途を教えていただければ実装を検討いたします。

      > しおり
      現状実装されている「ブックマーク」は履歴とは別に本単位で記憶ページを記憶していますが、今回のご要望は同じ本(フォルダ)でも複数の記憶ページを持つ機能、同じ本内の記憶ページ間での移動コマンドの要望という理解でよろしいでしょうか。実装を検討させていただきます。

      > 二画面表示モードであっても、「先頭ファイルは常に単ページで表示する」機能。
      こちらは[ページ(P)]>[最初のページを単独表示]がご要望の機能となるかと思われます。

      削除
    2. >「先頭ファイルは常に単ページで表示する」

      申し訳ありませんでした。気付きませんでした。

      >しおり

      仰るとおりです。

      >履歴数の制限機能

      (実は、以下、約3千字あったのですが、これは無茶すぎると思い、
      ばっさり切ったので、意図が伝わらない気もしますが、できるだ
      け好意的に解釈していただけますと幸いです)

      履歴機能を切る等というのは、プライバシー保護の為とかよく言わ
      れますが、個人使用のPCの場合、履歴が表示されても困らないので、
      不要かもしれません。

      ただ、それ以外で履歴数制限があった方が良いと思うのは、以下の
      ような理由です。

      一つには、実際問題として、大量の履歴があっても、古い履歴を探すく
      らいなら、フォルダを辿った方が早いというのがあります。履歴があっても
      いいのですが、不要なデータは無い方が個人的には気持ちが良いです。

      一つには、久しぶりに見るものは、以前見ていたところからではなく、最
      初からの方がよいというのがあります。つまり、偶に見るものには履歴に
      よる以前見ていた場所の回復は無用という事です。それなら、場所回復機
      能を切ればよいのですが、読みかけの場合には、場所回復機能があった方
      が便利です。

      更に、一つには、私の画像保管形態のせいです。

      つまり、各種画像をシステムドライブ上であれこれ弄り、
      最後にRARでまとめるという事をし、それを見るのですが、
      この時にNeeView等を利用します。その後、保管用ドライブ
      にファイルを移します。すると、システムドライブで使用
      した履歴は無意味になります。そして、やはり不要なデー
      タは無い方が気分的によい気がします。

      以上から、履歴数に制限を掛けたいのです。

      それに、多くのソフトが履歴数制限設定を持っている以上、履歴が多いのは
      嫌という方はそれなりにいらっしゃるような気はします。

      ただ、自分の駄文を読み返してみると、結局のところ、HDD容量が少なかった
      頃の、容量を少しでも削ろうとした名残もある気もします。あと、整理が好
      きというのもあるかもしれません(つまり、「無効な履歴が多くあるのが嫌」
      +「有効でも、通常使用しない履歴があるのは嫌」+「フォルダを階層化して
      整理している」)。

      したがって、Nee様の仰るように、制限不要というのも一つの考えとは思います。

      削除
    3. ご意見ありがとうございます。使わない古い履歴がたくさん残っているのはなんとなく不安、というのは十分な理由かと思いますので、制限するしないを含め設定できるよう実装を検討いたします。

      削除